スキンシップ大百科

肌と肌を触れ合うだけで、
女性との心の距離も
一気に縮めてしまう
それがスキンシップの力です

でも、スキンシップには、
女性が喜ぶスキンシップと
喜ばないスキンシップでは
やり方が違うことをあなたは知っていましたか?

女性が喜ぶスキンシップにはある条件があります。
そこをクリアすれば、女性はスキンシップを喜んで受け入れ、
そしてスキンシップによってあなたに心も許してしまうのですが、
その方法を知りたくないですか・・・?

スキンシップはまさに女性を惚れさせる魔法

スキンシップの効果って、めちゃくちゃ凄いです。

まさに魔法なんじゃないかと言ってもいいくらい
凄い効果があります。

考えてみれば男性だってそうじゃないですか。
女性からスキンシップされたら、やっぱりその女性のことを意識してしまったり、
何かあらぬ期待をしてしまったりするもんじゃないですか。

特別意識していなかった子でも、
絶妙なスキンシップをされるとその瞬間から意識し始めちゃったり、
急にその子の存在が気になりだしたりするものですよね。

それは何も男性に限った話ではなく、
女性にとっても男性と同じくスキンシップの効果って大きいんです。

体と体が触れ合うスキンシップ、肌と肌が触れ合うスキンシップで、
感情が動いたり異性を意識したり、親近感を持ったりすることは、
人間の本能レベルで反応してしまうことなのです。

実際、心理学などでもスキンシップの効果は実証されています。
スキンシップやボディタッチは、相手との親近感や信頼感を感じる効果があり、
心の距離を一気に縮める力があると実証されているのです。

この辺は欧米では非常に浸透しており、
日常生活の中でハグが当たり前になっているように、
スキンシップを多く取り入れるスタイルができあがっています。

ビジネスなんかでも、挨拶の時に握手をするじゃないですか?
あれも信頼を得るためのスキンシップなんです。
握手をするのとしないのとでは、その後の取引の成功確率が大きく変わってくるそうです。

ただ、こうしたスキンシップは、
あまり日本では積極的に活用されていませんよね。

だから余計に効果があるんです。

スキンシップに慣れていない日本人だからこそ、
スキンシップを少しするだけでも非常に大きな効果が得られるんです。

でも、慣れていないからこその懸念もありますよね?

そう。スキンシップは女性に嫌がられるんじゃないかという懸念です。

スキンシップは女性に嫌がられると誤解していないですか?

下手にスキンシップなんてしたら、女性に嫌がられるんじゃないか?
セクハラと勘違いされて、嫌われるんじゃないか?

そんな心配がどうしても頭が過ぎりますよね?

確かに最近はセクハラに対して厳しくなってきており、
下手に女性に触れたら大変なことになってしまうと思っている人も多いみたいです。

スキンシップが文化として定着していない日本では、
なおさら危険なのではと思ってしまいがちです。

でも、セクハラに厳しいのは日本だけではありません。
むしろ欧米の方が日本と比較にならないくらいセクハラに対しては厳しいです。

しかし、欧米ではスキンシップが危険視されるどころか、
日本以上に積極的に活用されています。

問題なのはスキンシップをすることではないんです。
スキンシップのやり方が問題なのです。

確かにそこまで親しくないオヤジに、
いきなりベタベタ触られたら、誰だって不快な気持ちになりますよ。
しかもそれがお尻とかだったらなおさらです。

でもそれは男だって同じじゃないですか?
いきなり親しくもないおばちゃんにベタベタ触られたら、
セクハラだと大騒ぎすることはなくても、
決していい気持ちはしないですよね。

そう結局は、スキンシップをすることが問題なのではなく、
スキンシップの取り方が悪いから不快感を与えてしまうのです。

特に日本人はスキンシップをすることに慣れていないので、
余計に相手に不快なスキンシップをしてしまいがちです。

それは単純に知識不足からくる過ちなんです。

スキンシップには、女性が自然と受け入れてしまうやり方というのがあります。
そのポイントさえ抑えておけば、不快感を与えずに
スキンシップを受け入れてもらうことができるのです。

女性が拒絶しないスキンシップの取り方というのがあるんですね。
それさえ知っておけば、スキンシップで嫌がられるなんてことはあり得ないんです。

そしてもうひとつスキンシップで大事なことがあります。

それは、スキンシップには、
女性が心地いいと思うスキンシップと
心地いいと思わないスキンシップがあるのです。

女性が心地いいスキンシップと心地良くないものとの違いとは?

スキンシップといっても、ただ単にベタベタと触ればいいというものではありません。

当然心地いいと感じるスキンシップと、
心地いいと感じないスキンシップとがあります。

スキンシップはやり方によって、全然感じ方が違うものなんです。

男だってそうですよね。
女性にされて心地いいスキンシップというのがあると思います。

上手なスキンシップというのは、本当に感情を動かされます。
下手すると、それほど露骨なスキンシップでもないのに、
性的興奮を感じてしまうスキンシップもあるんです。

それは当然女性も全く同じです。
男性だけの現象ではないんです。

女性だって上手なスキンシップをされれば、感情を動かされますし、
それこそちょっとしたスキンシップだけで性的興奮を感じることだって全然あります。

女性をスキンシップで落とそうと思ったら、
どういうスキンシップが女性を心地良くし、
女性の感情を動かせるのかを知らないといけません。

それを知らずにただ闇雲にスキンシップをしているだけでは、
せっかくスキンシップという強力な手段を使っているのに、
限定的な効果しか得られないことになってしまいます。

スキンシップはマッサージと違って、技術なんて全くいりません。
心地良いスキンシップは、技術なんてなくても誰でもできるのです。

大事なのはどんなスキンシップが女性を心地良くし、
どんなスキンシップが女性を不快にするかを知っておくことです。

そこを理解さえしておけば、
スキンシップで女性を不快にすること、拒否されることはなくなり、
女性を心地良くすることで、心もモノにすることができるのです。

本気で女性をスキンシップで落としたい人へ最高のテクニック

「スキンシップ大百科」は、
まさに女性をスキンシップで落とすためのテクニックです。

どうすればスキンシップを喜んで受け入れさせ、
どうやって女性をスキンシップで気持ちよくさせるのか、
それを完全にノウハウ化したものです。

女性が受け入れるスキンシップ、
女性が喜ぶスキンシップ、女性が心動かされるスキンシップ、
そして女性が落ちてしまうスキンシップは、
いくつかの条件で成り立っています。

それが、「スキンシップ3つのルール」です。

3つのルールとは、
1,「3種類のキャラ設定」で女性との距離を急速に縮める
2,女性が拒絶しようがないスキンシップの「3大条件」を知る
3,「恋人同士のような雰囲気」を作り出し、シナリオに沿ってキスをする

つまり、「誰に」「いつ」「どうやって」スキンシップされるかが大事なのです。

「誰に」これはスキンシップをする人が誰かということではなく、
どういうキャラクターの人にスキンシップをされるかということです。
スキンシップをする前に拒否されないキャラクターで接しておけばいいのです。

「いつ」これはどのタイミングでスキンシップをするかということです。
スキンシップをするにもやはり適切なタイミングというのがあります。
最も効果的なタイミングでスキンシップをすることで、
一気に落とすことができるようになります。

「どうやって」これはスキンシップのやり方ですね。
先程も書いたように、女性にはスキンシップのやり方によって、感じるものが違います。
女性が最もあなたに心惹かれてしまうようなスキンシップを行なっていくのです。

これらをひとつのシナリオとして進めていけば、
女性をスキンシップで落とすことができるわけです。

正直スキンシップがヒットした時の破壊力というのは、
その辺の口説き文句なんか全て吹き飛ぶくらいの効果があります。

触れられる行為により、本能的に感情が動かされるわけです。
人間、というか生物のDNAに染み付いた効果を引き出されるわけです。

それはもう、人間の理性なんかでは到底太刀打ちできないものがあるのです。

ただそのためには、スキンシップのやり方を知らなくてはなりません。
スキンシップを効果的に取り入れるために、
そしてスキンシップの効果を最大限に発揮するためには、
スキンシップのやり方を知っておく必要があるのです。

そのための方法として、この「スキンシップ大百科」は、
非常に大きな知識と効果を与えてくれるものです。

日本人というのは、なかなかスキンシップに一歩踏み出せないところがあります。
それは習慣の壁もありますが、絶対的な知識不足も大きな原因です。

しかし、慣れていない、耐性がないからこそ、
ヒットした時の威力は爆発的なものがあります。

恋愛や口説きのテクニックとして、
スキンシップを一つの武器にしておくことは、
めちゃくちゃ効果的なことだと思いますよ。

だって、スキンシップを使える男なんて、
日本にはほとんどいないわけですから。

お申し込みはこちらから